イオンとマックスバリュとザ・ビッグ、どれが一番安い?

イオンとマックスバリュとザ・ビッグ、どれが一番安い? イオンに関するコラム

イオンと言えば総合スーパー「イオン」だけでなく、マックスバリュやザ・ビッグを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

家から車で20分圏内にイオンもあればマックスバリュもあって、ザ・ビッグがある人もいますよね。

それらのスーパーに行くと同じイオングループなのに価格が違うこともよくある話です。

実際、イオンとマックスバリュ、ザ・ビッグのどれが一番安いのだろう?と思う方もいると思いますので、イオンの3大スーパー、どこが安いのか説明します。

結論から言えば、ザ・ビッグが基本的には一番安く、イオンとマックスバリュは地域によって異なります。

イオンとマックスバリュ、ザ・ビッグ 一番安いのはザ・ビッグ

イオンとマックスバリュ、ザ・ビッグで一番安いのは例外もありますが、基本的にはザ・ビッグです。

そもそもザ・ビッグは戦略・経営方針がイオンやマックスバリュと異なり、安さを全面に売りにしているスーパーだからです。

ザ・ビッグのPOP

例えば同じトップバリュ商品でも、イオンやマックスバリュは端数が8円になっていることが多いのですが、ザ・ビッグは5円や7円となっていることが多くなっています(地域によっては、マックスバリュでも7円のところもあります)。

上記のトップバリュセレクトのチルド肉餃子、イオンやマックスバリュでは税別158円が一般的ですが、ザ・ビッグは155円もしくは157円になっていることが多くなっています。

イオンとマックスバリュ、どちらが安いかは地域による

イオンとマックスバリュ、どちらが安いのか?ということになるとこれは地域次第です。

なぜ地域次第かと言えば、運営している会社が地域で異なるから。

北海道は現在は、イオンもマックスバリュも同じイオン北海道株式会社が運営していますが、以前はイオンはイオン北海道株式会社、マックスバリュはマックスバリュ北海道株式会社が運営していました。

一緒になって価格差はほとんど無くなりましたが、地元の方の目線だとマックスバリュの方が安いという声はよく聞きます。

東北の場合、イオンはイオン東北株式会社(食品のみ)、マックスバリュは北東北はイオン東北株式会社ですが、南東北にはマックスバリュはなく、ザ・ビッグのみですが運営はマックスバリュ南東北株式会社が行っています。

東北には10年ほど住んでいましたが、基本的にはマックスバリュの方が安いことが多くなっていました。

関東の場合、イオンはイオンリテ-ル株式会社ですが、マックスバリュはマックスバリュ関東株式会社・マックスバリュ東海株式会社が混在して運営しています。

関東には10年ほど住んでいましたが、イオンの方が安いことが多かったです。

運営会社が違うとなぜ価格が異なるか?

同じイオングループなのに運営会社が異なるとなぜ価格が異なってくるのか?理由はいろいろとあります。

主な理由には下記のものがあります。

  • 会社としての方針(社長が変わると価格も変わることも)
  • イオンとしての方針(親会社の方針)
  • 店長の方針
  • 仕入先が異なる場合があるため

会社としての方針(社長が変わると価格も変わることも)

イオンは基本的にグループ会社の方針を尊重します。もちろん売上を取ることが一番ですが、売上を取るための方針は比較的自由なことが多いです。

薄利多売にするか、厚利少売にするか、目標となる利益が同じならどちらでも構わないというものです。

イオンとしての方針(親会社の方針)

もちろん親会社としての方針が明確になっている時は親会社であるイオンの方針に従います。

薄利多売というかEDLP(EveryDay LowPrice)という戦略にするか、部分的な特売は行うものの、価格が高い商品も置くようにするか等。

店長の方針

イオングループは割と店長に権限を与えており、競合店を徹底的に叩き潰す!という方針の店長になると、めちゃくちゃな安売りをすることがあります。

もちろん店長にある程度信頼が無いとこの方針は認めてもらえませんが。

仕入先が異なる場合があるため

最後に同じイオングループでも会社によって仕入先が異なることもあります。

イオンは非常に大きな会社のため(一括仕入れは行っているものの)、すべて同じメーカー(問屋・取次店・販売会社)から仕入れることが難しいこともあります。

そうなると同じ商品でも会社によって仕入先が異なってきます。

仕入先が異なれば原価も異なるため、販売価格も異なってきます。

仕入れルート

ほとんどの場合、メーカーがあってメーカーと同じグループ会社の販売会社がありますが、メーカーは問屋にも商品を卸しています。

基本的には販売会社から仕入れるのが安いのですが、いろいろな状況で問屋の方が安くなったり、付き合いで問屋から仕入れないといけない時などがあり、原価は変化するため、価格にも反映します。

どこが安いにしてもイオンカードはオトク

基本的にザ・ビッグが一番安いのですが、マックスバリュとイオンしか無い場合は、比べるしか方法がありません。

またチラシ商品だとイオンやマックスバリュの方がザ・ビッグよりも安いことは普通にあります。

買物に行く手間がそれほど変わらないのであれば、チラシ等比較するのがおすすめですが、チラシをわざわざ比較する余裕が無いのであれば、せめてイオンカードを使ってオトクに買物をしてくださいね。

以上、イオンとマックスバリュとザ・ビッグ、どれが一番安い?というお話でした。

コメント

イオンカード キャンペーン

2021年3月20日から2021年5月10日までにイオンカードに申込み利用すると最大5000円相当のポイントプレゼント!さらにWEB限定で1000円分のポイントプレゼント!

合わせて最大6000ポイントのお得なキャンペーン実施中です!

タイトルとURLをコピーしました