イオンスマートペイカードだけは絶対に利用してはいけない

イオン スマートペイカード(リボ専用カード) イオン スマートペイカード(リボ専用カード)

イオンカード・イオンのマークがついたクレジットカードは数多くありますが、その中で絶対に作ってはいけないクレジットカードが「イオンスマートペイカード」です。

使えば使うほど損をするクレジットカードです。

イオンスマートペイカードはリボ払い専用

イオンスマートペイカードはリボ払い専用カードです。

でもリボ払い専用カードって、他のイオンカードと比べて何が違うの?と思う方もいるでしょう。

通常、イオンカードを出すと「お支払回数は?」と聞かれることがありますよね。

1回払いで!

と答えるのが一般的ですが、イオンスマートペイカードで支払うと例え「1回払いで!」と伝えてもリボ払いになります。

リボ払いとは何か?

リボ払いとは、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済します。

似た支払方法に分割払いというものがありますが、こちらは支払回数を決めて支払うという仕組みになっています。

一定金額を金利と一緒に返済していく

リボ払いは1回払いや分割払いとは異なり、高額商品を購入した場合でも、毎月の返済額は一定になるため、手もとにまとまったお金がないという場合でも支払いができるという特徴があります。

ただし利息が発生するため、リボ払いを利用しすぎると、支払い総額が高額になるケースがあります。

そのため、リボ払いは、無理のない範囲で計画的に利用することが重要です。

イオンスマートペイカードで10万円使うと

仮に10万円使った場合、作ったばかりのイオンスマートペイカードで支払っていくと金利は最終的に12000円以上になり、トータルで11万2000円以上を返済することになります。

ときめきポイントは2倍になっても10万円で得られるポイントは1000円分です。

つまり金利は11000円以上支払っており、全くお得ではありません。

毎月増えていく金利・それがリボ払い

リボ払いの怖いことは、毎月カードを利用していると金利が増えていくことです。

月にイオンで2万円使ったとして、半年経過すると合計で12万円使ったことになりますが、返済した金額はわずか3万円(月々5000円の6回)で、9万円は借りている状態になっているため、9万円に対して金利がかかります。

リボ払いで唯一損をほとんどしない方法は毎月の返済金額以下で利用することです。

イオンスマートペイカードは30万円未満は月々5000円の返済なので、月々5000円未満の支払いなら、金利はほとんど発生しませんが、毎月5000円の支払いして損をしていくスタイルって、おかしいですよね?

イオンスマートペイカードを作らないといけない状況の人はそもそも申し込めない?

イオンスマートペイカードを申込むタイプは2つです。

  • リボ払いをよくわかって無くて申し込んでしまう
  • リボ払いでしか支払えないほど困窮している

しかしリボ払いしか支払えないほど困窮しているのなら、社会保障を調べて受けた方が安全ですし、間違いありません。

もし多重債務に陥っているのなら、法テラス等に相談されることをおすすめします。

もっとも多重債務で困窮している人なら、イオンスマートペイカードを申し込んでも審査で落ちるので、ほとんどは「リボ払いをよくわかってない人」が申込む傾向にあります。

管理人も学生時代にリボ払いで地獄を見た経験があります。

一見お得そうに見えて、本当に損な支払い方法なので、イオンスマートペイカードだけは絶対に申し込まないようにしてください。

コメント

イオンカード新規入会1500円分のポイントプレゼント

イオンカードを新規で申し込むともれなく1500円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中です!

タイトルとURLをコピーしました