イオンカード特典・毎月10日「ときめきWポイントデー」について

イオンカードの特典・メリット 一覧

イオンカードの特典として毎月10日は「ときめきWポイントデー」はイオンカードしかクレジットカードを持っていない人にとっては嬉しい特典です。

ただわかりにくい特典になっているので、「いつでもときめきポイント2倍」とは何が異なるのか、対象とならない商品や状況について説明します。

ときめきWポイントデーとは

イオンお客さま感謝デー対象カード

ときめきWポイントデーは毎月10日、上記の図のようにカード面に「AEON Financial」というマークがついているクレジットカード・デビットカードで支払いをすると通常購入金額200円(税込)に1ポイントのときめきポイントが、200円(税込)で2ポイントのときめきポイントが貯まるという特典です。

1ポイントは1円相当です。

ときめきポイントが貯まる特典なので、ときめきポイントが貯まらない「AEON Financial」というマークがついているクレジットカード(イオンJMBカード等)は対象外となっています。

「いつでもときめきポイント2倍」との違い

「いつでもときめきポイント2倍」と「ときめきWポイントデー」の違いがわからないという方もいると思います。

この違いは簡潔に言えば下記の通りです。

  • いつでもときめきポイント2倍:イオングループの特定の店舗のみで実施
  • ときめきWポイントデー:イオンカードでの支払いなら場所・店舗は関係ない

イオンカードはクレジットカードです。

3大クレジットカード 国際ブランド

イオンカードには上記のマークのいずれかがついているので、上記のマークがついているクレジットカードが使えるところでは、どこでも使うことができます。

支払い方法一覧

上記の写真は、イオンのライバルと言える「セブンイレブン」の支払い方法一覧ですが、JCBやVISA、Mastercardのマークがついていれば使えることがわかります。

つまりセブンイレブンにおいて、イオンカードで支払えば毎月10日はときめきポイントが2倍になる訳です。

ときめきWポイントデーでポイントが2倍にならない場合

ときめきWポイントデーである10日は必ずポイントが2倍になる訳ではありません。

対象外となる支払い・商品・場所

ときめきWポイントデーの10日にイオンカードを使っても対象外となる商品や場所、支払いがあります。

公式サイトには下記のように書かれています。

ギフトカード、航空・鉄道料金、鉄道会社が運営している商業施設(駅ナカのテナント含む)、WAONクレジットチャージ、Suicaクレジットチャージ、チケット類、保険商品、公共料金、各種通信料、新聞購読料、医療機関、旅行代理店、通信販売、引越業者、海外でのお支払い分、ときめきポイントクラブ優待加盟店でのご利用分、その他特定商品のお支払い分。

AEON CARD 暮らしのマネーサイトより

わかりにくいですが、自動引落に設定してある公共料金等の支払い日が仮に10日であったとしても、ときめきWポイントの対象にはならないことがわかります。

売上データがイオンカードに届かない場合も対象外

今ではほぼクレジットカードを使うと使ったことがクレジットカードの管理会社にデータが送信されるようになっていますが、稀にデータの送信が後日になることがあります。

また23時59分にネットショップで買物をしたけど、通信が少し遅れて0時1分になってしまった場合もデータの送信日が11日になってしまうので対象外となります。

以上、イオンカード特典・毎月10日「ときめきWポイントデー」についてでした。

コメント

イオンカード新規入会1500円分のポイントプレゼント

イオンカードを新規で申し込むともれなく1500円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中です!

タイトルとURLをコピーしました