イオンゴールドカードの入手方法と審査基準【2020年版】裏技もあり

イオンゴールドカード イオンゴールドカード

無料で持てるイオンゴールドカードを手に入れたい!

そう考えている人は多いようで、どうすれば手に入れられるか調べている人はかなりいます。出所不明の情報から間違った情報まで数多く出回っていますが、実際にイオンゴールドカードを持っている立場からイオンゴールドカードの入手方法と審査基準について、説明します。

現在日本で無料で持てるゴールドカードは3枚しか無いと言われ、その1枚がイオンゴールドカードなので、無料でゴールドカードを持ちたい!という方は参考にしてください。

イオンゴールドカードは招待制

イオンゴールドカードは誰でも持てる訳ではなく、イオンから「イオンゴールドカードにしませんか?」という招待があって初めて作ることができるクレジットカードです。

言うなれば、招待があった人はイオンに選ばれた人とも言えます。

選ばれない人は永遠に選ばれない訳ですが、どうすれば選ばれるのか?というのが今回のポイントです。

イオンゴールドカードは他のゴールドカードのように年会費は発生せず、滞納による強制退会を除き、一度発行されれば永年ゴールドカードのままということもポイントです。

更に家族カードも全員分がゴールドカードになります。

イオンゴールドカードを持つための審査基準

イオンゴールドカードを持つためには、まず信用が無ければ招待はされません。

信用って何?と思うかもしれませんが、信用こそが審査基準に直結します。

イオンゴールドカードを手にいれる第一段階

イオンゴールドカードを持つためには、最初にイオンカードを持ってなければ招待されないので、イオンカードを作っておく必要が当然あります。

ただしすべてのイオンカードが対象ではなく、決められたイオンカードを持ってないと条件をクリアしても届きません。

イオンゴールドカードの招待状が届くイオンカードは下記記事を参考にしてください。

もし普通のイオンカードが作れないのであれば、もうそこでイオンゴールドカードは持てないことが確定します。

イオンゴールドカードの審査基準

イオンゴールドカードを作るために最低限クリアしておかないといけないのは、下記の項目です。

  • イオンカードの滞納は絶対にしない(年に1回程度数日遅れたくらいなら大丈夫)
  • 他社のクレジットカードの滞納も絶対にしない
  • 他社でキャッシングを大量にしている

クレジットカード会社は他のクレジットカードの利用状況・キャッシング状況はどうだろう?ということも調べるので、イオンカードだけでなく、他のクレジットカードの利用状況が悪くても審査で落とされます。

いくらイオンカードだけ滞納なく使っていても他社で滞納を繰り返していたら作れなくなるので、注意してください。

またイオンゴールドカードになってくると働いていることがほぼ条件になってきます。

アルバイトやパート、専業主婦でもイオンカードは作れますが、イオンゴールドカードだと厳しくなります。

普通に就職をして正社員になっているか、会社経営者となっているか、個人事業主なら数年以上の実績が無いと難しくなります。

つまり上記の事柄をクリアしていて次の条件をクリアした人のみに招待状が届きます。

イオンゴールドカードを持つための条件

ネット上を中心にイオンゴールドカードを持つための条件がいろいろと言われていますが、明確なものは2つだけです。

  • 直近年間カードショッピング100万円以上を利用した方
  • イオンセレクトクラブに加入された方

直近年間カードショッピング100万円以上を利用した方

イオンゴールドカードの特設ページで下記のように書かれています。

イオンゴールドカードは、直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。

発行条件を満たしたお客さまには翌月中旬頃にご案内をお送りいたします。

イオンゴールドカード 特設ページより

このように書かれているので、年間で100万円以上カードショッピングで利用することが1つの条件となっています。

カードショッピングって何?と思うかもしれませんが、クレジットカードで買物をしていることです。

別にイオンだけでなく、他のところで買物をしていてもカードショッピングの利用に含まれます。

イオンセレクトクラブに加入された方

イオンセレクトクラブとは、イオン銀行で住宅ローンを組んだ人が入れる特別な会です。

イオンセレクトクラブに入れるとイオンゴールドカードが発行されます。

参考:「住宅ローン」ご契約者さま限定特典 〈イオンセレクトクラブ〉

もっとも住宅ローンが組めるほど信用がしっかりしていれば当然ゴールドカードは発行されるんですけどね。

真偽不明の入会条件

イオンゴールドカードを持てるという真偽不明の入会条件には下記のものもあります。

  • 直近1年間でイオンカードを120回以上・80万円以上を使った場合
  • イオンカードの累計利用金額が500万円となった場合
  • イオンの株式を大量に(3000株以上)持っている場合

どれも本当かどうかは不明ですが、年間100万円並の難しさですから、これなら自然と年間100万円をイオンカードで使っていても不思議では無いですよね。

イオンゴールドカードを持つ裏技

ここまではイオンゴールドカードを持つための一般的な情報をお届けしました。

しかしイオンゴールドカードを持つ裏技も実在します。

は?それどこ情報?と思いますよね。

情報は管理人、そうこれを書いている私です。

実は管理人である私は裏技でイオンゴールドカードを手に入れました。

それはどんな裏技か?

イオン(イオンリテール株式会社等)の正社員になることです。

こんなオチですいません。

イオンは社員カードが基本的にイオンゴールドカードなので、イオンの写真になれば必然的にイオンゴールドカードが持てます(イオンゴールドカードセレクトになります)。

また1度イオンゴールドカードを手にいれれば、イオンを退職してもそのままイオンゴールドカードのままです。

これすべて私のことです。

もっともイオンで働いていた時は、イオンでほぼ毎日買物していたので年間100万くらい使っていたんですけどね。

以上、イオンゴールドカードの入手方法と審査基準についてでした。

コメント

イオンカード新規入会1500円分のポイントプレゼント

イオンカードを新規で申し込むともれなく1500円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中です!

タイトルとURLをコピーしました