イオンゴールドカード

イオンゴールドカード イオンゴールドカード

イオンゴールドカードは、イオンから招待(インビテーション)があって初めて作ることができるゴールドカードです。

イオンゴールドカードは大きくわけて2種類で、イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)にわかれます。

*自分で申し込んで作れるクレジットカードではありません。

イオンゴールドカード 基本情報

  • 年会費・発行手数料:ともに無料
  • 申込み資格:卒業年1月以降の高校生含む18歳以上の電話連絡がとれる方
  • 国際ブランド:VISA・Mastercard・JCBから選択(一部JCBのみ)
  • 引落口座:イオン銀行のみ
  • ポイント還元率:0.5~1%(一部1.5%)
  • 電子マネー機能:WAON
  • おサイフケータイ機能:Apple Pay・イオンiDに対応
  • ポイントカード機能:WAON POINTカード
  • 貯まるポイント:ときめきポイント・WAONポイント・WAON POINT
  • ETCカード:発行可(無料)
  • 家族カード:発行可(無料)
  • 申込みから届くまで(通常申込み):2~3週間
  • 店頭受取(当日発行):非対応(通常申込は出来ない)
  • 最短5分発行(アプリ対応):非対応(通常申込は出来ない)

上記でわからない項目があれば下記をタップ(クリック)してください。説明の詳細記事に移動します。

イオンゴールドカードの特典・メリットとデメリット

イオンゴールドカードにはイオンカード共通の特典・メリットと独自の特典・メリットがあります。

イオンカード共通特典・メリット

イオンゴールドはイオンカードの22ある共通特典のうち、全22特典が対象となっているお得なカードです。

気になった項目をクリックすると詳細ページへと移動します。

イオンカーセレクトはイオンカードの22ある共通特典のうち、全22特典が対象となっているイオンカードで最もお得なカードです。

気になった項目をクリックすると詳細ページへと移動します。

イオンカード共通の特典をざくっと見たい方は下記記事をご覧ください。

イオンゴールドカード独自の特典・メリット

イオンゴールドカード独自の特典・メリットは7つあります。

  • 国内空港ラウンジ6空港で利用可能
  • イオンラウンジの利用が可能
  • ショッピングセーフティ保険が年間300万円まで拡大
  • 最高支払額5000万円の海外旅行傷害保険が無料つく
  • 最高支払額3000万円の国内旅行傷害保険が無料つく
  • 家族カードも無料でゴールドカードに
  • 国際ブランドがVISA・Mastercardならブランド主催の優待も利用可能
  • イオンゴールドカード会員専用の割引クーポンが発行されることがある

国内空港ラウンジ6空港で利用可能

イオンゴールドカードを持っていると国内6つの空港ラウンジを無料で使うことが出来ます。

  • 羽田空港(計6箇所のラウンジ)
  • 成田空港(第2旅客ターミナル IASS Executive Lounge 2)
  • 新千歳空港(国内線旅客ターミナルビル スーパーラウンジ)
  • 伊丹空港(大阪国際空港 国内線旅客ターミナルビル ラウンジオーサカ)
  • 福岡空港(国内線1箇所・国際線1箇所)
  • 那覇空港(国内線旅客ターミナル ラウンジ華~hana~

以前は羽田空港のみでしたが、拡大されました。

空港ラウンジの利用料は1000~1650円くらいの間で、ほとんどがフリードリンク(アルコールは除く)となっており、ゆっくりと寛ぐことが出来ます。

無料のゴールドカードでこの特典があるのは非常に嬉しい点です。

イオンラウンジの利用が可能

イオンゴールドカードを持っていると大きめのイオンの中にある「イオンラウンジ」を無料で使うことが出来ます。

ラウンジ内ではフリードリンクになっていたりトップバリュの試食品があったりして楽しめるようになっています。

ただしこの特典のありがたさは徐々に薄れてきています。

というのもイオンゴールドカードを持っているかイオンオーナーズカードを持っている人がイオンラウンジを使えるのですが、最近は会員が増えすぎて時間制限(30分間)が出来た上に、土日を中心に並ばないと入れないという問題点が出てきました。

ショッピングセーフティ保険が年間300万円まで拡大

イオンカードにはショッピングセーフティ保険という非常にお得なお買物に関する保険がついています。

イオンカードのクレジット機能で購入した商品が盗まれたり破損した場合、購入後180日間、最大50万円まで補償します、という内容の保険です。

イオンゴールドカードになると最大50万円が最大300万円までアップグレードされます。

最高支払額5000万円の海外旅行傷害保険が無料つく

イオンカードで旅行傷害保険がついているのは2種類のみです。

しかしイオンゴールドカードになると旅行傷害保険がついてきます。

イオンゴールドカードの場合、海外旅行傷害保険は利用付帯(イオンゴールドカードで旅行代金や切符を購入することが条件)ですが、旅行中の傷害による死亡・後遺障害で最大5000万円まで補償されます。また傷害や疾病による治療費用も最大300万円となっています。

イオンゴールドカードの旅行傷害保険

救援者費用などでも最大200万円となっているのは嬉しいところです。

なお国内で出国前にイオンゴールドカードで旅費用を支払っていることが条件になります。

最高支払額3000万円の国内旅行傷害保険が無料つく

イオンゴールドカードは国内旅行傷害保険も利用付帯ですが補償されます。

イオンゴールドカードの国内旅行傷害保険

傷害による死亡・後遺障害で最大3000万円が補償されます。

家族カードも無料でゴールドカードに

イオンゴールドカードはクレジットカードの契約者だけではなく家族カードもイオンゴールドカードに切り替わります。

そして家族カードの会員もそのままイオンゴールドカードの特典を受けられます。

国際ブランドがVISA・Mastercardならブランド主催の優待も利用可能

イオンゴールドカードの国際ブランドがVISAかMastercardであれば、VISAやMastercard主催の優待も利用することが出来ます。

イオンゴールドカード会員専用の割引クーポンが発行されることがある

住んでいる地域にもよりますが、イオンゴールドカード会員専用の割引クーポンが発行されることがあります。

都度内容は異なりますが、サンキューパスポートもしくはバースデーパスポートと概ね同じ内容です。

イオンゴールドカードのデメリット

イオンゴールドカードはイオンカードの中でも最高峰のクレジットカードであり、イオンで使う上でデメリットはありません。

イオンゴールドカードをもっと知る

KNTカード

旅行傷害保険がついたイオンカードを探す

クレジットカードを選ぶ基準の1つに旅行傷害保険がついたクレジットカードを選ぶ人も大勢います。だからイオンカード・イオンのマークがついたクレジットカードでも旅行傷害保険がついたものがいいという方に旅行傷害保険がついたイオンカードを紹介します。
イオンゴールドカード

イオンゴールドカードの入手方法と審査基準【2020年版】裏技もあり

無料で持てるイオンゴールドカードを手に入れたい!そう考えている人は多いようで、どうすれば手に入れられるか調べている人はかなりいます。出所不明の情報から間違った情報まで数多く出回っていますが、実際にイオンゴールドカードを持っている立場からイオンゴールドカードの入手方法と審査基準について説明します。
イオンゴールドカード

イオンゴールドカードの招待状(インビテーション)が来るイオンカード

イオンゴールドカードは招待制です。またイオンゴールドカードへの招待状が届くイオンカードと届かないイオンカードがあります。イオンゴールドカードの招待状が届くイオンカードはどれか説明します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました