ナンバカードは作るべきクレジットカードか?

ナンバカード ナンバカード

イオンのマークがあり、「ナンバホームセンター」でお得になると言われているナンバカードを作ろうと思っているけど、実際のところ、作るべきクレジットカードなのかな?と思う方に、ナンバカードを作るべきかどうか、判断基準をお伝えします。

結論:現状ナンバカードは作らない方がいい

イオンカードの特典もついて、ナンバでもお得になると言われているナンバカードですが、結論から言えば作らない方がいいでしょう。

というのもお得になるのはナンバカードを申し込んで送られてきた時にもらえるナンバ各店で使える500円のお買物割引券があることだけです。

割引券はナンバカードで5000円以上の支払いの際に1回の精算で使うことが出来ます。

これ以降、ナンバホームセンターでメリットがあるか?と言われると現状何もありません。

イオンではお客さま感謝デーで5%OFFになったり、ときめきポイントがいつでも2倍になる特典はあるのですが、それでもクレジットカード名に「イオン」とつくクレジットカードよりも特典は劣ります。

ナンバホームセンターをよく使うのなら高還元率クレジットカードがおすすめ

ナンバホームセンターは「ナンバ ポイントカード」というポイントカードを発行しています。

ナンバポイントカードは200円(税込)につき1ポイントが貯まり、500ポイントになると、ナンバホームセンター各店で使える500円分のお買物割引券が発行されます。

カード発行手数料は100円ですが、入会ポイントとして100ポイントもらえるので実質無料で作れるポイントカードです。

また毎月、第2・第4日曜日及び15日はナンバポイントカードのポイント5倍デーが開催されるので、ポイント5倍デーを上手く利用すれば早く500ポイントを達成します。

また支払い方法は現金だけでなく、クレジットカードの支払いでもポイントが貯まるようになっています。

と、ここまではナンバポイントカードの説明でしたが、仮にイオンのマークがついた「ナンバカード」で1万円の買物を第2日曜日にしたとします。

  • ナンバカードで貯まるポイント=ときめきポイント50ポイント
  • ナンバポイントカードで貯まるポイント=250ポイント(ポイント5倍で)
  • 合計で300ポイント

これを仮にポイント還元率の高い楽天カードで支払ったとします。

  • 楽天カードで貯まるポイント=楽天ポイント100ポイント
  • ナンバポイントカードで貯まるポイント=250ポイント(ポイント5倍で)
  • 合計で350ポイント

ときめきポイントも楽天ポイントも1ポイント1円相当の価値ですが、ときめきポイントは1000ポイント以上でなければ使うことはできません。

楽天ポイントは1ポイント1円から使うことができます。またナンバカードは200円毎に1ポイントしか貯まりませんが、楽天カードは100円毎に1ポイントが貯まります。

*ナンバホームセンターではときめきポイント・楽天ポイントは使えませんが、楽天市場ではナンバホームセンター楽天市場店があるので、そこで楽天ポイントは使えます。

ナンバホームセンターをよく使うのであれば「ナンバカード」よりも楽天カードのようにポイント還元率が高い、ポイントが貯まりやすいクレジットカードをおすすめします。

新規申込&利用でもれなく5000円分のポイントがもらえる

イオンでお得になりたいのなら基本はイオンカード

イオンでお得に買物をしたいのなら、基本はイオンカードです。

イオンのマークがついたクレジットカードとイオンとカード名についたクレジットカード(いわゆるイオンカード)だと、特典はイオンカードの方が圧倒的によくなっています。

イオンでもお得になるから・・・ということでナンバカードを作ることはおすすめしません。

ナンバホームセンターも使うから・・・でもクレジットカードは1枚だけにしたい、という方なら致し方ないかもしれませんが、たまにナンバホームセンターを利用する程度なら、イオンカードを作ることをおすすめします。

以上、ナンバカードは作るべきクレジットカードか?についてでした。

おすすめのイオンカードは下記の記事で詳しく書いてあるので参考にしてください。

コメント

イオンカード新規入会1500円分のポイントプレゼント

イオンカードを新規で申し込むともれなく1500円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中です!

タイトルとURLをコピーしました