イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、クレジットカード「イオンカード」と電子マネー「WAON」が一体となった標準的なイオンカードです。

イオンカードとWAONが一体になっていればいいという方のクレジットカードです。

イオンカード(WAON一体型)基本情報

  • 年会費・発行手数料:ともに無料
  • 申込み資格:卒業年1月以降の高校生含む18歳以上の電話連絡がとれる方
  • 国際ブランド:VISA・Mastercard・JCBから選択
  • 引落口座:イオン銀行含む金融機関の口座
  • ポイント還元率:0.5~1%
  • 電子マネー機能:WAON
  • おサイフケータイ機能:Apple Pay・イオンiDに対応
  • ポイントカード機能:WAON POINTカード
  • 貯まるポイント:ときめきポイント・WAONポイント・WAON POINT
  • ETCカード:発行可(無料)
  • 家族カード:発行可(無料)
  • 申込みから届くまで(通常申込み):2~3週間
  • 店頭受取(当日発行):対応・即日発行で申込む
  • 最短5分発行(アプリ対応):対応

上記でわからない項目があれば下記をタップ(クリック)してください。説明の詳細記事に移動します。

もれなく1500円相当のポイントがもらえる!

イオンカード(WAON一体型)の特典・メリットとデメリット

イオンカード(WAON一体型)にはイオンカード共通の特典・メリットと独自の特典・メリットがあります。

イオンカード共通特典・メリット

イオンカード(WAON一体型)はイオンカードの22ある共通特典のうち、全22特典が対象となっているお得なカードです。

気になった項目をクリックすると詳細ページへと移動します。

イオンカード共通の特典をざくっと見たい方は下記記事をご覧ください。

イオンカード(WAON一体型)独自の特典・メリット

イオンカード(WAON一体型)独自の特典・メリットは1つです。

  • イオンゴールドカードへのインビテーション対象

イオンゴールドカードへのインビテーション対象

イオンカードにもゴールドカードがあり、インビテーション制(招待制)となっています。

一般公開されているインビテーションの条件は年間で100万円以上をイオンカードで使うことです。

イオンゴールドカードのインビテーション対象外のイオンカードもありますが、イオンカード(WAON一体型)はイオンゴールドカードのインビテーション対象となっています。

イオンゴールドカードについては下記記事をご覧ください。

イオンカード(WAON一体型)のデメリット

イオンカード(WAON一体型)のデメリットは特にありませんが、イオンカードの中で目立った特典が無いことがデメリットとも言えます。

もれなく1500円相当のポイントがもらえる!

イオンカード(WAON一体型)をもっと知る

イオンカードの探し方・選び方

WAON一体型のイオンカードの選び方

イオンカードの中に「イオンカード(WAON一体型)」と呼ばれるクレジットカードがあります。イオンカードの中でWAONと一体になっているクレジットカードの中からどれを選ぶのがお得なのか、比較・説明をしていきます。
イオンカードの探し方・選び方

即日発行・店頭受取りができるイオンカードを選ぶ

イオンカードの中には当日申し込んで当日受け取れる即日発行・即日受取ができるものがあります。ただし即日発行されるイオンカードは、イオンやマックスバリュ等、基本的にはイオングループの店舗のみです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました